• misumi-kobo みすみともこ

ミニチュア展 番外編。頼れる友。


みすみともこのわくわくミニチュアフード大集合!開催中はバタバタしていて、内容をあまりお伝え出来ませんでしたのでここで少し振り返ってみたいと思います。展示会での様子ではなく、その裏話的な番外編。ちょっぴりお付き合いください。

期間中は毎日貴賓館に通っていました。天神地下街を通ってこの階段を登る先にある空と木が見えてきます。ちょうど冬から春に変化する季節。

地下から外に出る瞬間の外の匂いも含めて大好き!!

こんな風景を見ながら、すでにわくわくしていました^^

床材から天井、壁紙、カーテンまでとっても素敵です。

さすが国の重要文化財!

しみじみ、この部屋の雰囲気が好きでした。

こんな素敵な会場で展示会を開けた事を心から嬉しく思います。

ところで今回の展示会ではたくさんの方に協力していただきましたが、

中でも古くからの友人、Mちゃんには大変お世話になりました。

展示会が決まってから「ミニチュア作品は作るけれど、あんなに小さなものを広い部屋にどうやって展示しよう?」と悩んでいると、ふと気がつきました。

Mちゃんはディスプレイの会社に勤めているじゃないか!!

慌てて彼女に連絡すると、快く相談に乗ってくれました。

ただでさえ忙しいのに休日返上で打ち合わせやパネルの制作につきあってくれました。私は昔から直感であれがしたい、これがしたいと思いつきでモノを言うタイプですが(大迷惑よね)、彼女はそれを具体的に形にするためのプランを考えてくれる人。私が1言うと、10の答えが返ってきます。

おかげで短い期間にも関わらずスムーズに準備をすることが出来ました。

大変だけど、すごく楽しい!まるで学生時代に戻ったようでした。(←気持ちがね。)

そして、開催前日の夜、大きな布を抱えて会社から駆けつけてくれました。

「何何何?」大きなロール状の布は白いカーテン。長机の前(足元)を美しく演出するためにわざわざ持って来てくれたのです。

鮮やかな手さばきであっという間にカーテンをつけてくれました。

「こ、これがプロの仕事やね〜!!涙」

そんなわけで、無事に開催することが出来ました。

ちなみに会場の案内猫のやまと&まるおは彼女の家のニャンズです。

このパネルも彼女の手作り。プレゼントしてくれました!かわいい♥

他にもターンテーブルやアクリルケースの土台の作成等、本当にお世話になりました。頼れる友達がいて私は幸せ者です。

左がMちゃん。右が私。二人ともチビッコなのです 笑

ずっとずっとおばあちゃんになっても仲良しでいてね。


0回の閲覧

Copyright Misumi Kobo All Rights Reserved.