• misumi-kobo みすみともこ

ミニチュア展を振り返って 後編。


ちょうど1ヶ月前にみすみともこのわくわくミニチュアフード大集合!が始まりました。あれから1ヶ月!!あっという間に時間が経ったような気がしますが、遠い昔の事のような気もします。

今さらではありますが、ミニチュア展を振り返ってみたいと思います。

思い出すのはとにかくたくさんの方に来ていただいたこと。

本当に胸が熱くなります。

小さなお子様から年配の方、県外からわざわざ新幹線で来てくれた方、男性、女性、外国人、古くからの友人(中には25年ぶりに会った友達も!)、福岡うまかもんで協力していただいた企業の方々、ずっと前から応援してくださっている方々、かつての職場の上司、同僚、SNSのフォロアー様、家族や親戚、常にお世話になっている方、ご近所さん、たまたま貴賓館の前を通りかかって入って来たという方、新聞やテレビを見て来ました!という方々…。

そして、心温まるメッセージを送ってくださった皆様。

お花やお菓子等、中には手作りのものまで持って来てくださった皆様。

3月3日のひな祭の日、ある年配の女性の方が紙粘土で作ったおひな様を持って来てくださいました。新聞で私の記事を読んで、おひな様を持って行こうと思い、朝から頑張って作ったのだそうです。小さなかわいいおひな様。

その方がちょっぴり私の母に似ていて、思わず泣きそうになってしまいました。

また、駅から熱々の蜂楽饅頭を差し入れてくれた方も。

もうね、気持ちが本当にありがたくて。

ひとりひとりに心からお礼を言いたいです。

(※来ていただいただけでも、メッセージをくださっただけでも十分嬉しいのです。お気持ちはしっかり届いています!)

本当にありがとうございました!!

メディアでは、西日本新聞、読売新聞、天神経済新聞、

テレQ、RKB、TNC等、取材していただきました。ありがとうございます。

取材と言えば…。

自宅にテレビ取材が2日連続で入りました。私の人生でこんな事が起こるとは夢にも思いませんでした。こんな経験二度とないと思うので記念に撮ってみました 笑。

愛犬チャイコもただ事ではない!と思ったのか、テンションMAXでウロウロ。

自宅取材では、私がミニチュア制作をしているところを撮っていただきました。

RKBさんではいちごのケーキ、TNCさんはおせちに入れる蓮根の飾り切りをしました。そしてそのまま貴賓館へ。チャイコは一気に家の中が賑やかになって、その後みんな出かけて行くのが悲しかったようです。ごめんね、チャイコ。

そして貴賓館での撮影。

盆と正月がいっぺんにやってきたみたいです。

テレビをご覧になられた皆様、お見苦しい顔をお見せして大変失礼しました 汗

展示会が終わり、荷物を搬出して改めて部屋を見てみると何だか祭が終わったようで、寂しい気持ちになりました。

このテーブルも片付けました。

2週間もの間、この部屋には155点以上のミニチュア作品、そして多くの方で賑わっていたんだよなあ、全力で駆け抜けたなあとしみじみ感じました。

この雰囲気、好きだったなあ。

今は、「刺繍でできた点字の絵本展」が開催されています。

興味のある方は是非!

貴賓館の皆様も、ありがとうございました。


0回の閲覧

Copyright Misumi Kobo All Rights Reserved.