2017年も大変お世話になりました!

さて、今年最後のブログになってしまいました。 皆様は今年はどんな1年でしたでしょうか。 1年を振り返ってみるといろんな変化がありました。 2年ぶりにミニチュア講座をさせていただく事ができて、いろんな方にお会いすることが出来ました^^いつもは家で黙々と地味〜に作っているだけの私ですが、こうやって外に出ていろんな方にお会いすると、新たな発見もあったりしてとても勉強になりました! また、初めてヤフオクに出品することができました。 販売方法については未だ模索中ではありますが、ひとつ道が増えたような気がします。今まではある程度の数を用意する事を念頭に制作していましたので、どうしても思うように出来ない部分もありましたが、これからはこだわりの一点物という作品も作っていきたいと思っています。 そして、instagramを通してたくさんの方たちに作品を見ていただく事ができました。#2017bestnineを出してみると… ワオ。579,514Likes???自分でもビックリです。 あ、でも何故か(本当に何故か)9枚のうち、4枚がアイスキャンディなんですよ。特に外国人に人気があったようで。これよりもっとウケそうなミニチュアありそうなものですが…。 ということで、勝手に私が選んだ今年のBest9はこちらです。 ビミョーに上とは写真が違います。 やはり一番人気のアニマルアイスバーは外せません。そして最近作ったばかりのおせち。細かい事を言うようですが、今年作ったおせちは「お家で作った豪華なおせち」を目指しました。デパートの豪華おせちでもなく、和洋折衷のおしゃれなものでもない、お家のおせちです。なので飾り

今さらですがクリスマスケーキを振り返ってみました。

2017年も残りあと僅か。気がつけばクリスマスも終わっていました(焦) ってことで、今さらですがクリスマスケーキプレイバック。 以前ニャンタクロースのケーキを紹介しましたが実はパンダクロースのケーキも作っていたのでした!! ニャンタクロースとパンダクロース♪ ちょっと分かりにくいですが箱のデザインもパンダと猫の模様になっています。 今年はクリスマスケーキとニャンタブーツ等々、振り返ってみるといろんな種類のものを作りました。それぞれ8分の1、6分の1を用意したのでかなりの数になりました。 こんなに作ったのにもう少し時間があったらもっといろいろ作りたかった!なんて思ったりして。キリがありませんね。 来年も頑張っていろんなケーキを作りたいと思います!!

きれいに収納♪重なるおせち三段重

長々と作り続けていたおせち三段重がようやく完成しましたー!!年内間に合ったー!でもやっぱり1個しか作ることができませんでした(予備に1個作っていますが販売出来るのは1個だけ) お雑煮をセットにするのも考えましたが、今回はおせちのみです。 サイズは約6分の1です。 白木のおせち三段重のセットです。 壱の重…紅白蒲鉾、栗きんとん、胡桃の飴がけ、こはだ酢漬け、黒豆、数の子、蛸の旨煮、 田作り、たたき牛蒡、菊花かぶ 弐の重…伊達巻、鶏の松風焼、昆布巻き、八幡巻、鰤の照焼き、花麩、海老の旨煮 参の重…筑前煮(牛蒡、蓮根、人参、椎茸、蒟蒻、くわい、筍、里芋、絹さや)、いくらの醤油漬け、金柑の甘露煮、 烏賊の松笠焼、ロースハム、飾り麩 内側が朱色の白木のお重箱。フタには梅の模様が入っています。 三段をまとめる帯はサイドに松竹梅の模様を入れました。 専用箱にはマグネットを入れたスッキリとしたデザインです。 オフシーズンは専用箱に入れて美しく収納できます。 お揃いのデザインの祝箸は取り出し可能です。 中身は美しく、収納も美しく♪ 新年を気持ち良く迎えるのにぴったりな豪華なおせち三段重です。 サイズ (約6分の1サイズ) 重箱 33mm×33mm 高さ36mm 一段の高さ12mm 祝箸 40mm 袋に入った状態41mm×7mm(2本入っています) 専用箱 37mm×40mm×高さ43mm 材料 樹脂粘土、ヒノキ、紙、マグネット等 主に樹脂粘土を使用して制作したミニチュアです。 壱の重。 弐の重。 参の重。 松竹梅の柄の友禅和紙を使った専用箱です。オフシーズンもスッキリ収納できます。 出し入れしや

おせち三段重6分の1サイズ。

昨年に引き続き、今年も何かといろいろとありまして、おせちを作る時間がやはり厳しくなってしまいました。 ここでキッパリと諦めるか…。とも思いましたが、重箱自体はわりと早いうちに制作していたのと、パーツの一部はミニチュア講座の準備のときに多めに作っておいたものがあったので、何とかなるかも??と思い、1個だけ作る事にしました。 6分の1、8分の1、12分の1の3サイズを作るつもりでした。 作れなかった分は来年また頑張ります。気が変わるかもしれませんが。 というのも昨年作っていた黒い重箱、今年使おうと思っていたのに気が変わって白木の重箱を作ってしまったから(笑) まあね、1年先のことなんて、どうなるか分かる訳ありませんよね。 シンプルな白木に内側を朱色を塗ります。 今回のおせちは、デパートで売っているものではなく、お家で豪華なおせちを作ったという設定にします。なので、お料理も基本的なものを中心にして、飾り付けは南天や松、笹の葉やゆずりは等を使いました。 パーツのひとつひとつをレイアウトするのは楽しいのですが難しい…。 箱がきれいに重なるように慎重につめていきます。 うん、なかなかイメージ通りのおせちになっていますよ? 出来ればお雑煮もセットにしたいと思っています。(←時間大丈夫か?!) 今週中には完成させたいと思っています。頑張るぞー!!

いちごと猫のクリスマスケーキ。ニャンタクロースver.と販売について。

先日初めてヤフオクに出品させていただいたいちごと猫のクリスマスケーキですが、出品後に写真をよーーーーーく見るとケーキの上の文字の「Merry Christmas」の「h」が抜けていました。ぎゃーー!!ど、ど、どうしよう?! 慌ててすぐに訂正しましたが、ヤフオクの写真の変更は出来ないので追加分を入れさせていただきました。見ていただいた皆様、お見苦しいところをお見せして本当に申し訳ありませんでした。 ↑これは修正後のもの。ああ、こんな凡ミスをするとは…。自己嫌悪。 …が、無事にヤフオクの落札もされまして、今日発送させていただきました。 そもそも今回何故ヤフオクに出品したかと言うと、販売方法についていろいろと思う所がありまして。 ずっとminneのみで販売をさせていただいていましたが、販売告知をブログとinstagramでしても、販売日当日どうしても都合が悪いという方がいて、 それでは予約販売という形をとったりもしていましたが、これまた間に合わないという方がいて…。結局のところ、先着順は否めない形になってしまうのです。 私としてはなるべく多くの方の声にお応え出来る体制を整えたいと思っているのですが、完全にフェアなやり方というのが未だ見つからない状態です。 そこで、これまで同様、複数の商品がある場合はminneで販売させていただくことにして、一点物等はヤフオクに出させていただこうと思いました。 今後はどういう形になっていくか分かりませんが、 よりクオリティの高いものを、出来るだけお手頃価格に、そして、確実にお手元に届くように努力していきたいと思っています。 まだまだ至らない点が多いと思

いちごと猫のクリスマスケーキ。ニャンタクロースver.

え?どこかで聞いた事がある? ええ、先日、minneでいちごと猫の小さなクリスマスケーキを販売させていただきました^^が、急にパンダと猫をサンタ仕立てにしたくなってしまいまして…。 いかがでしょうか。これ、顔は手描きなんです。 最後の仕上げに描くので失敗したらアウト!!めちゃ手が震えました(笑) でもまあ何とか無事にパンダクロースとニャンタクロースが完成しました! ちなみにこれはクリスマスケーキのトッピングです。 時間がなかったので1個ずつしか作れませんでしたが…。 それで、今回は1個しかないのでニャンタクロースのケーキのみヤフオクに出品したいと思います。 ヤフオクって実は初めてなのでドキドキです。 こちらが完成したケーキです。先日のケーキよりも賑やかな感じです。 オリジナルボックスに入っています。ケーキに合わせて先日の箱の色より濃い目に作りました。もちろんチャームもついています。 箱から出した時は本当にワクワクしますね♪ 猫がズラリと並んだデザインも気に入っています。 いちごと猫のクリスマスケーキ、ヤフオクの方も是非ご覧下さいませ。 ちなみにパンダクロースver.は手元に残しておきたいので販売はしない予定です。 こちらの紹介は別の機会にさせていただきますね。

ミニチュア講座「おせちプレート」後編

★前編からの続きです。 プレートに転写シールを貼り付けて模様をつける、金色の絵具を塗る、レンコンの飾り切りをする、レイアウトを考える、祝箸を作るという作業をしました。 パーツのレイアウトって簡単なようで意外と難しいのです。皆さん、同じパーツでも完成したものが微妙に違っていて個性を感じました。 そして無事に完成しましたー!!! 受講者様から「皆さんの作品を並べて写真を撮りませんか?」という素敵な提案をいただき、早速並べてみました。これはまさに…インスタ映え!!(笑) もうテンション上がっちゃいますよね! ASUHANAさんが頑張って椅子の上から一眼カメラで撮影してくれました。 この写真、年賀状用にぴったりじゃないですか?私、思わずこれを使ってデザインしましたよ^^それはお正月のお楽しみ♪ 作品の撮影会が終わると、次は私が持参した過去の作品たちを紹介させていただきました。恥ずかしながら、ミニチュアを手にしているのは私です。(写真を撮ってくれていました) さて、前回のハロウィンカップケーキの講座に続き、今回もミニチュア作家のASUHANAさんが来てくださいました。大人気の作家さんです。それもそのはず、彼女はAmebaトップブロガーさん。超人気のミニチュア作家さんが初心者向けの講座に来てくれるなんて、ものすごく緊張するんですけど!!!あわあわ…。 でも、喜んでいただけたようで良かったです。ASUHANAさんのブログでも今回のミニチュア講座を記事にしてくれましたので是非ご覧下さいね。 同じ福岡にこんなに素敵なミニチュア作家さんがいてくださってとても嬉しいです。 こうやって無事に終了。緊張

ミニチュア講座「おせちプレート」前編

私にとって今年最後のイベント、ミニチュア講座ですが、昨日無事に終了しました。写真がいっぱいあるので2回にわけてご紹介します。 本格的にミニチュアを作るというよりも、まずはミニチュアを知って、楽しんでもらいたい!ということで殆どのパーツは私が事前に作り、それをレイアウトしていただくという内容にしました。 おせちの主役はやはりエビですよね!! 最後の仕上げに使う南天や黒豆。 それにしても今回は本当にパーツ作りが大変でした(泣) これがパーツセット。8月くらいからボチボチ用意していて良かった…。 最初提出したサンプルを後でじっくり見ていると、数の子が小さい気がしたので大きく作り直しました。多分大きすぎくらいになるのですが、全体のバランスを見てあえて大きくしました。これを見たうちの夫、「数の子ってこんなに大きかったっけ?」ですと。ごめんね、家で食べる数の子はお徳用の小さくて崩れたやつなので(笑) 先日食べたインスタントのトムヤムクンにこんなエビが入っていました(笑) さて、当日はこんな感じで皆さん真剣そのもの。私、ウルトラマンなの(集中力3分)と言っていた方も、いやいや、ものすごい集中力。 サンプルを参考に、パーツのレイアウトを考えます。これがなかなか難しいんですよね。ここで受講者様から「紅白のかまぼこって位置が決まっているそうですよ?」と。慌ててスマホで調べてみたら右側が紅!知らなかった〜!! サンプル、間違っています(恥)本当にいろいろと勉強になります。 かまぼこの紅は右が正解なのでこれは間違っているということになります。 祝い箸!めでたい感じがしますよね〜!! ★後編に続く。

Copyright Misumi Kobo All Rights Reserved.